So-net無料ブログ作成

エッチングの取り付け(1) [1/700DD116てるづき]

VANの好きな漫画家さんの中に、こうの史代先生がいるのですが、代表作の「この世界の片隅に」がアニメ映画化され11月に公開されるそうです。
広島と原爆の過去と現在を描いた「夕凪の街 桜の国」に続いて、広島の呉を舞台に、戦時下に暮らす家族の物語をふんわりとした優しい筆致で描いています。海軍艦艇もちょっとだけ出てきます。
20年くらい前ですけど、仕事で少しだけ呉に住んでました。2006年に観光で再訪しましたけど、また行ってみたいところです。



さて、「てるづき」の方はというと、あまり進んでいません…。

現在エッチングパーツの取り付けを進めています。
このカテゴリーの冒頭にも紹介したとおり、アオシマの「護衛艦あきづき型専用エッチングパーツセット」を使用しています。
ステンレス製のエッチングは繊細で、取り付けてもオーバースケール感や、あまり「うるさい」感じがなく、なかなか良好です。
DSCN4452.jpg

こちらは2013年に製作したピットロードの「あきづき」にフライホークのエッチング手摺を使ったもの。
DSCN7110.jpg

エッチングパーツの組立説明書には、マスト頂上部の垂直ラッタル(57番)を左舷側に取り付けるようになっていますが、実物は右舷側ですので注意です。
DSCN4457.jpg

あらかじめ取り付けできる部分は、できるだけ進めてしまいます。
艦橋上部はチェーン手摺になっていて、取り外しが可能になっています。エッチング手摺(08番)は実物にならって両舷の電子戦装置廻りのみ使用することにしました。
DSCN4448.jpg
DSCN8124.jpg

ヘリコプター格納庫上部も進めました。
DSCN4451.jpg

専用のエッチング手摺は、汎用エッチングをいちいち細かく加工しなくてもよいという利点があります。
反面、間違えたり失敗した時の予備がありません。今回は上記の艦橋上部で使わない手摺(08番)とヘリコプター甲板上の手摺(43番)を予備に充てることにしました。
この専用エッチングの精度は概ね良好ですが、一部微妙に合わない部分もあります。また、手摺パーツが
長すぎて取り回しがしづらいものもありますので、パーツによっては適当に2〜3パーツに分割して取り付けた方がやりやすいと思います。



マストの工作 [1/700DD116てるづき]

映画「シン・ゴジラ」観てきました。一抹の不安を抱えて劇場に足を運んだのですが杞憂でした。
これはモンスターパニックムービーであり、ディザスター(災害)ムービーであり、ポリティカル(政治)ムービーでもあります。
一昨年の「GODZILLA ゴジラ」(2014 ワーナー東宝)を観終わった後、モヤモヤしたものがずっと残ってたのですが、これを観てそのモヤモヤが吹き飛びました。そうだ、私はこういうのが観たかったのだ。
第1作目の「ゴジラ」(1954) や第16作目「ゴジラ」(1984) が好きな人は、この映画合ってると思います。また、(庵野カントクの好きな)日本映画や特撮のオマージュが随所にちりばめられているので、そういうのを探してみるのも面白いと思います。


「てるづき」はマストの工作に入ります。

マスト各ステージの支柱はキットのパーツが用意されていますが太くて精密感に欠けるので、すべて0.3mmおよび0.5mmプラ角棒に置き換えます。
0.5mmプラ角棒の部分は実際には支柱の部材サイズが上がっているわけではなく、支柱の上に電波吸収材のシールドが取り付けてあるため、太く見えます。
DSCN4416.jpg

ステージ後部のNOLQ-3D電子戦装置はステージパーツと一体化していますが、エッチングソーでいったん切り離して基部を作り直して立体的にしました。
各ステージを取り付ける凹ガイドモールドは幅が広く、そのままだと隙間ができてしまうので、取り付け後に溶きパテで隙間を埋めていきました。
DSCN4419.jpg

ヤードの支柱もカットして0.3mmプラ角棒に置き換えます。
DSCN4411.jpg

ORQ-1C-2ヘリコプター用データリンク装置のアンテナドームは、「あきづき」でやった時と同じようにエッチングソーでいったん切り離します。塗り分けが楽になります。
後方にあるのは霧笛のホーンで、22号電探を加工して作りました。左右で高さが異なります。右舷側の方が高くなってます。
DSCN4428.jpg

ヤード両端にある風向風速計はエッチングがなくなってしまったのでプラ材でスクラッチしました。
なんとかそれっぽくできました。
DSCN4440.jpg

そのほか細かいパーツを取り付けていきます。ディティールアップは細かな部分まで再現しようとするとキリがありませんので、スケールを考えてほどほどに。
改めて見てみると0.5mmの支柱は太いですね。全部0.3mmでよかったかも。次からはそうしよう。
DSCN4442.jpg


DSCN7961.jpg
DSCN8125.jpg
DSCN6788.jpg
DSCN8128.jpg
DSCN8127.jpg
DSCN8126.jpg
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。