So-net無料ブログ作成

防空護衛艦「あきづき」完成 [1/700DD115あきづき]

最終回です。マストに高く旭日旗を揚げて完成です!

日本国 海上自衛隊 あきづき型護衛艦 DD-115 「あきづき」(2013)
JMSDF AKIZUKI class DD-115 AKIZUKI (2013)
DSCN7469.jpg
DSCN7478.jpg
DSCN7479.jpg
DSCN7489.jpg
DSCN7490.jpg

各部詳細。
DSCN7501.jpg
DSCN7506.jpg
DSCN7517.jpg
DSCN7528.jpg
DSCN7535.jpg

いろんな艦と2ショット。
むらさめ型DDと。
DSCN7541.jpg

ひゅうが型DDHと。
DSCN7582.jpg

45型駆逐艦と先週の再現。
「てるづき」ではなく「あきづき」ですが。
DSCN8226.jpg

大きさの比較。
DSCN8244.jpg

神風型と。
あきづき型って神風型駆逐艦になんとなく似てると思いませんか。単装砲、魚雷発射管…のかわりにVLS(アスロックも撃てる)、角張った艦橋、一本マスト、一段高い位置にレイアウトされたボートダビット、2本煙突…。後ろ半分はちょっと違いますけど、デザインがひと回りして先祖返りしたのかも。
DSCN7562.jpg

キットについて
細かい部分の間違いはありますが、全体的には「あきづき」のフォルムを余すところなく再現していてすばらしいキットだと思います。特に上部構造物のはめ合いは完璧で、きっちりと隙間なく組み立てることができます。しかし逆にそれが仇となり、塗装してから組み立てようとすると塗膜の厚みではめ合いが渋くなることがあります。対策として、接合面はマスキング等をしてなるべく塗装がかからないようにすることを推奨します。
ヘリ格納庫パーツF3と後部煙突パーツB1の接合部は、両舷とももう少し複雑な面構成をしています。今回は見送りましたが、この部分をもう少しうまく処理するとより実物に近づくと思います。
DSCN6792.jpg

反省点
手摺をやや内向きに倒して取付けたため、手摺の折り曲げ加工は少なく、大体の部分は一辺毎に切り出して取付けました。うまくいっている部分もあれば、いってない部分もあります。相変わらず仕上がりが汚い部分もあります。(特にマスト部分)
マストの床面部分でやや水平が出てない部分がありました。組み立て時に良く確認することが必要です。
ヘリ甲板の発着艦指揮所はラッカーのグリーンで塗りましたが、色が明るすぎておもちゃっぽくなってしまいました。もう少し暗い色調にした方が良かったかもしれません。
船体の合わせ目消しはまあまあ良くできたと思います。少し手間はかかりますが、やるのとやらないのとでは見栄えも変わってくると思います。
手摺のエッチングは「あきづき」1隻分でこれだけ使いました。失敗や半端で廃棄した分は消費分のうち3%くらいでした。色々と不満はありますが、あと1枚分あるのでとりあえずなくなるまではこれを使います。
DSCN8203.jpg

なくなって困っていたモンキーラッタルは別の型番の同等品を入手しました。ただ、全体量が減ったうえ、絶対使いそうもない種類も含まれているのがちょっと不満です。
DSCN8206.jpg


途中ブランクがありましたが、なんとかあきづき型護衛艦を形にすることができました。今回はウォーターラインにしましたが、艦尾に特徴的なスターンフラップを備えたフルハルモデルも今後作ってみたいです。12月に発売予定のアオシマの「あきづき」も気になります。

最後は初代「秋月」と。
DSCN7551.jpg

護衛艦「あきづき」を作る!  ー 完 ー
nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 5

さっちゃん

お久しぶりです
あきづき完成おめでとうございます

玉野のふゆづきは公試に出たり入ったりしてます
by さっちゃん (2013-12-09 17:45) 

モリ

完成されたピットロードのあきづきはとても素晴らしい出来だと思います。
某模型雑誌等の作例では、単なるキットレビューとしてならともかく、
作例としてはリサーチ不足・キットの問題点の指摘・修正がないものばかりでした。
ですが、VANさんの作品はそれらを踏まえたうえで丁寧に製作されており、すばらしい作品だと思います。
by モリ (2013-12-10 20:44) 

VAN

さっちゃんさん、こんばんは。お久しぶりです。

祝辞ありがとうございます。
さっちゃんさんも忙しそうですが、お元気でしょうか。
玉野の「ふゆづき」も来年の春には就役ですね。
さっちゃんさんにも良い春が訪れるといいですね。


モリさん、はじめまして。当ブログにようこそ。

お褒めいただきありがとうございます。
リサーチも十分ではないですし、まだまだ技術が伴わず恥ずかしいかぎりですが、これから模型を作りたい人のための一助となれば、と思い制作工程を公開しております。
素人が趣味でやってることですから、いくらでも時間をかけて自分が納得いくまで作り込むことができますが、雑誌では限られた時間の中で制作しなくてはならないので、それはそれでなかなか大変なことだろうと思います。
至らないところもありますが、今後とも当ブログにおつき合い頂ければ幸いです。
by VAN (2013-12-11 00:13) 

のん太

完成おめでとうございます。すばらしい仕上がりで唸ってしまいます。
自分はアオシマ待ちですが、参考にしたいと思います。
エッチング手すりが入手困難なのが…。手に入ったとしても、うまく作れるわけではないんですけどね。なかなか手が動きません。
by のん太 (2013-12-12 07:34) 

VAN

のん太さん、こんばんは。

ありがとうございます。
アオシマ「あきづき」はガンプラのように色プラ化しているので無塗装でもそれなりに見えるというので、VANも楽しみに待ってるんですが、なんかホームページの発売予定から消えてるので、年内に出るのか少し不安です。
by VAN (2013-12-12 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。