So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

横田基地友好祭2017に行ってきました! [見学記]

お久しぶりです。昨日2017年9月16日、3年ぶりに横田基地日米友好祭に行ってきました。
事前の情報ではB-1B戦略爆撃機が来るとのとことで楽しみにしていたのですが、前日に北朝鮮が火星12型中距離弾道ミサイルを発射したため横田来訪は急遽中止に。それどころかMV-22やF-15、F-2など正面装備は自衛隊機も含めのきなみ展示中止となってしまいました。

それでもP-8とRQ-4が見たいので、始発に乗るため早朝に家を出ました。当初新宿に出て青梅線経由で行こうと計画していましたが、あろうことか福生駅で人身事故の情報が。仕方がないので川越線、八高線を経由して拝島に向かうことにしました。
拝島駅から歩いて第5ゲートまで行きましたが、雨の予報のせいか、展示機の縮小のせいか、青梅線の遅延のせいか、列は0800時の時点でゲートから400メートルほどしか伸びてませんでした。
IMG_0344.jpg

列はすぐに動き出し、0830時にはセキュリティチェックを受けて会場前まで移動。定刻どおり0900時に開場となりました。
天候は曇り時々小雨の降る肌寒い1日でした。

アメリカ合衆国海軍 P-8 ポセンドン 哨戒機
VANは初見です。
DSC_8503.jpg
DSC_8544.jpg
DSC_8486.jpg
DSC_8504.jpg
DSC_8505.jpg
DSC_8506.jpg
DSC_8487.jpg

DSC_8489.jpg
DSC_8490.jpg
DSC_8494.jpg
DSC_8500.jpg
DSC_8502.jpg

アメリカ合衆国空軍 RQ-4 グローバルホーク 無人偵察機
これまた初見です。
主翼が長くてファインダーに収めるのが大変。持っててよかった超広角レンズ。
DSC_8509.jpg
DSC_9018.jpg

午前中は規制がなく機体の後ろに回ることができました。午後に再び見に行ったらロープが張られていました。
DSC_8524.jpg
DSC_8532.jpg
DSC_8527.jpg

人が乗ることを前提としないデザインってなんか異様です。
DSC_8538.jpg

飛行場の奥の方にあと2機ほど確認できました。
DSC_8588.jpg

アメリカ合衆国海兵隊 CH-53E スーパースタリオン 輸送ヘリコプター
これも初見でした。でかいです。
DSC_8607.jpg
DSC_8598.jpg
DSC_8610.jpg
DSC_8612.jpg

アメリカ合衆国空軍 MC-130H コンバットタロンII 特殊作戦機

でかっ鼻。
DSC_8763.jpg
DSC_8626.jpg
DSC_8756.jpg

アメリカ合衆国空軍 C-17 グローブマスターIII 輸送機
翼の下は格好の雨宿りスポット。
DSC_8836.jpg

グローブマスターの個人的萌えポイント。
DSC_8590.jpg

日本国航空自衛隊 KC-767 空中給油・輸送機
DSC_8789.jpg
DSC_8792.jpg
DSC_8796.jpg
DSC_8552.jpg
DSC_8555.jpg
DSC_8788.jpg

フード
今回はタコベル食べることができて満足。チキンサルディーヤ。量が少なく見えるけどチーズたっぷりで結構お腹にたまります。
DSC_8634.jpg
DSC_8733.jpg
ハンバーガーも食べました。なんか美味しくなってるー!?(ガビーン 米軍のバザーの店で買ったんですけどバンズはふわふわしっとり、肉もジューシーになってました。
IMG_0357.jpg

その他点描。
ロックフェス。
DSC_8650.jpg
DSC_8967.jpg

ハーレー。
DSC_8695.jpg
DSC_8704.jpg

DSC_8994.jpg
DSC_8584.jpg
DSC_8844.jpg
DSC_8716.jpg
DSC_8722.jpg

会場の真ん中辺でにこやかに握手したり、サインしているおじさんがいましたが、この方は在日米軍兼第5空軍司令官、ジェリー P. マルティネス中将閣下 (LIEUTENANT GENERAL JERRY P. MARTINEZ)です。
DSC_8725.jpg

展示機も少なくて残念な面もありましたが、他の催し物をじっくり見ることができましたし、来場者も少なかったので食べ物も比較的待たずに買うことができました。
雨が本格的に降りはじめた1600時ごろに引き上げました。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近況報告 [雑記]

いや、いくらなんでも放置しすぎだろ…ってことでこんばんは。
最近更新できずスミマセン。近況報告です。

「定遠」の製作は現在ストップしています。
どうせ山ばっか行ってんだろ、とお思いでしょう。もちろん山も行ってますが、4月ごろより仕事が忙しくなってきてたのが一番の原因です。秋口ぐらいには落ち着くのではないかと思いますのでもうしばらくお待ちください。

そのほか、先週購入7年目に突入した我が家のiMacが突然死しました。色々と調べたところGPUの物理的破損という結論に至り仕方なく買い換えましたが、バックアップを取っていたおかげでデータを失うことなくスムーズに移行することができました。Appleでは「タイムマシーン」という大層な名前がついてますが、やっておいて良かったです、ホント。

お亡くなりになったiMac
IMG_0170.jpg

復帰までもうしばらくかかりそうですが、気長にお待ちください。

船体と上部構造物の塗装(1) [1/700定遠]

危うく今月は更新なしになるところでした…。
ちょこちょこ進めてはいるのですが、記事としてまとめられるほどキリのいいところまで進んでいません。

船体は木甲板部をマスキング。上部構造物もマスキングして塗り分けていきます。
塗装は詳細がわからないのでキットの塗装図を参考にして塗り分けていきました。
DSCN0041.jpg
DSCN0067.jpg

操舵輪はエッッチングパーツです。これがなかなか小さくて手強かったです。
DSCN0050.jpg

6つのパーツで構成されています。
DSCN0051.jpg

大きさはこんな感じ。
DSCN0048.jpg


そのほか、艦橋。
DSCN0056.jpg

フライングデッキほか。
真鍮製のエッチング手すりは柔らかくて難儀しました。
DSCN0062.jpg

艦載艇。
DSCN0065.jpg

来月はもう少し更新できるようにするつもりです。

艦載艇の工作(1) [1/700定遠]

今月はなにかと忙しく「定遠」はあまり進んでいません。

ここでおもむろに艦載艇に着手します。水雷艇と内火艇を作ります。
水雷艇は手摺、通風筒、舷灯、アンカーを追加してディティールアップします。右舷にオフセットしている煙突は0.5mmプラ丸棒で作り直しました。
DSCN0029.jpg

塗装はキットの指示通り全体を軍艦色で塗装しました。
ものさしで測ってみると全長は20m程と小型です。艦載用ではない当時の水雷艇は30〜40mくらいです。内火艇は喫水線下を赤で塗装しました。
DSCN0037.jpg

大きさ1mmほどのエッチングのスクリューがあるので取り付けました。ちゃんと保管しておかないと完成までにどこかにいってしまいそう…。
DSCN0033.jpg

木甲板の塗装 [1/700定遠]

ついさっき「ホットケーキミックスで作るチョコスコーン」ってのをレシピ見ながら作ったんですけど、初めてにもかかわらずこれがまた会心の出来で、外はサックリ中はふんわりで美味しかったです。でもこれ絶対太るやつだ!って思いながら食べてました。
DSC_3226.jpg


「定遠」は木甲板の塗装に入ります。
「氷川丸」の時は、ちまちまと時間をかけてマスキングテープを貼って、何度もエアブラシ吹いて仕上げましたが、今回は「八島」の時と同じく簡単仕上げでいきます。
まずH-85セールカラーを全面に吹き、XF-60ダークイエロー、XF-19スカイグレイ、H-66サンディブラウンを、木甲板の板目に沿って面相筆で描き込んでいきます。描き込む色は下地が透けるくらいの濃度までシンナーで薄めています。全体のバランスを見ながら描き足していきます。
上記の色は一例ですが、多少メリハリがあったほうがいいと思います。
DSCN0015.jpg

最後に「氷川丸」の時と同じく、少量のXF-9ハルレッド、X-8レモンイエロー、H-20つや消しクリアーを混ぜてアクリルシンナーでじゃぶじゃぶに薄めたものを全面に吹き、色調と光沢を整えました。
少し吹きすぎて全体の階調があまりなくなってしまいました…。吹いた直後より乾燥後の方が色が濃くなりますので、薄く吹いて乾燥させ、時間をかけて様子を見ながら重ね吹きしていったほうが良いと思います。
DSCN0018.jpg

甲板上に丸いモールドがあってこれがなんなのかわからないのですが、配置から見ておそらく缶室及び機関室の明り採り、または換気用の穴ではないかと思います。とりあえず軍艦色で塗装しておきました。
戦艦「三笠」の甲板上にもそれと思しきマンホール(ハンドホール?)がありましたけど、これはガンルームの直上にあることが多かったように思います。明り取り専用だと分厚いガラスがはめ込まれています。
DSC02373.jpg
DSC02425.jpg
DSC02350.jpg
前の5件 | -
メッセージを送る