So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

甲鉄艦「定遠」を作る! [1/700定遠]

清国海軍の甲鉄艦「定遠」を作ります。
日清戦争(甲午戦争)以前の東アジアにおいて最強の軍艦で、清国海軍北洋艦隊の旗艦を務めました。

ChineseTing-yuen.jpg
画像出典:定遠(戦艦)-Wikipedia

キットは「S-モデル」という中国の山東省青島(アオシマではない)にあるメーカーです。購入は2012年2月。5年近く放置してました…。現在では入手困難です。おそらく再販もないでしょう。
スケールは1/700。他に1/350スケールのキットがブロンコモデルから出ていたと思います。
DSCN5311.jpg

中を確認します。キットはは丁寧にエアキャップに包まれています。
DSCN5313.jpg

ランナーは3枚。非常に精緻なモールドで、自国の艦に対するメーカーの情熱を感じます。
DSCN5315.jpg

さらにエッチングパーツ2枚に真鍮挽物砲身とデカールが付属しています。
DSCN5318.jpg

特筆すべきはその価格です。これだけ入って実売価格1,680円!! 日本のメーカーでは無理な価格設定でしょう。たぶん今の中国でももう無理かもしれません。

キットが繊細すぎて、さっそくマストのパーツをポッキリ折ってしまいました…。
DSCN5320.jpg

仮組みしてみます。
左右両舷にオフセット配置された特異な主砲レイアウトが目を引きます。「定遠」はドイツのフルカン造船所で建造され、1883年に竣工、1885年に就役しました。ドイツの「ザクセン級」装甲艦 (SMS Sachsen(1877)) をベースにしたとされていますが、むしろ当時のイギリスで建造された「インフレキシブル (HMS Inflexible (1876))」「エイジャックス (HMS Ajax (1880))」「コロッサス (HMS Colossus (1882))」などのイギリス艦のデザインに強い影響を受けているように感じられます。
DSCN5321.jpg

日本の「富士型」戦艦「八島」と比較してみます。「八島」の全長は122.6m。対して「定遠」
は94.5m。太平洋戦争時の日本の駆逐艦よりずっと小さいです。例えば「陽炎型」駆逐艦の全長は118.5m。
乾舷は「八島」よりずっと低く、洋行性能はあまり高くなさそうです。設計思想が「富士型」戦艦(とそのベースになった「ロイヤル・サブリン級」)とまったく異なります。
DSCN5324.jpg

パーツの合いは良好です。箱組みもほぼストレスなく組み立てできます。
画像では分かりにくいですが、甲板には艦の中心線から舷側に向かって下り勾配(キャンバー)が付いています。模型では無視されがちな部分がきちんと再現されています。
DSCN5326.jpg

台座に固定するためのナットを仕込みます。乾舷が低く狭いのでM3の四角ナット(厚さ1.5mm)にしました。
DSCN5329.jpg


なお「定遠」の艦種については「戦艦 (Battleship)」と呼称する資料もありますし、「Ironclad」を表す「甲鉄艦」「鉄甲艦」「装甲艦」など様々ですが、本稿では「甲鉄艦」で統一することとします。

番外編 中国空軍殲撃11を作った! [1/700DD116てるづき]

正月モデリングで「てるづき」のオマケで付属していた「領空侵犯機」こと中国空軍の「殲撃11」戦闘機を作りました!

1/700 中華人民共和国 人民解放軍空軍 殲撃11戦闘機
1/700 PRC PLAAF J-11 Fighter
DSCN5287.jpg
DSCN5288.jpg
DSCN5289.jpg
DSCN5296.jpg
DSCN5293.jpg

付属の台座は直径が小さく不安定なので、プラ板を追加しました。
DSCN5285.jpg
DSCN5286.jpg
DSCN5291.jpg
DSCN5292.jpg

アオシマのキットでは「領空侵犯機」とかボカシてましたけど、ハッキリ言って「殲撃11」ですよこれ!
デカールも付いてるし!しかも出来がいい!
結局お正月はダラダラ過ごして、これ一つしか作れませんでした。塗り分けが結構めんどくさかったです。その他は合間を見てぼちぼち作ります。

次回から新展開です。

あけましておめでとうございます。 [雑記]

DSC_3012.jpg

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいいたします。

平成二十九年 元旦

護衛艦「てるづき」完成! [1/700DD116てるづき]

なんとか年内に間に合いました!マストに戦闘旗を掲げて護衛艦「てるづき」完成です!


1/700 日本国 海上自衛隊 あきづき型護衛艦 DD-116 「てるづき」
1/700 JMSDF AKIZUKI class DD-116 TERUZUKI
DSC_2925.jpg
DSC_2936.jpg
DSC_2943.jpg
DSC_2926.jpg
DSC_2941.jpg

各部詳細
DSC_2949.jpg
DSC_2933.jpg
DSC_2946.jpg
DSC_2931.jpg
DSC_2948.jpg

SH-60Kヘリコプターはピットロード製です。
DSC_2939.jpg

「あきづき」とともに。
DSC_2955.jpg
DSC_2963.jpg

スターンフラップを見せようとしたためか、ピット製より乾舷が高く腰高です。
DSC_2969.jpg
DSC_2972.jpg
DSC_2960.jpg
DSC_2961.jpg

艦橋正面はピットの方が似てるかな。
DSC_2958.jpg

おまけの「領空侵犯機」その他は時間切れ…。正月モデリングで作ることにします。
DSCN5035.jpg

反省点
ピットロード製「あきづき」との比較、また「あきづき」と「てるづき」との比較をテーマに製作しました。ただ、発売からかなり日が経ってしまったため、時期を逸してしまった感があります。
「あきづき」との細かな違いを、主に自分で収集した資料写真を元に形にできたことは満足しています。
製作の目玉として、ヘリコプター格納庫内部の作り込みを行いました。それなりに再現できたと思いますが、一点重大なミスがあります。ヘリコプターが納まりません。実際にはSH-60ヘリのメインローターを畳みテイルローターはそのままの状態で、すっぽりと格納庫に納まるのですが、ヘリを奥まで入れてもテールローターがはみ出してしまいます。実際の奥行きはもっとあるということです。

キットについて
ピットロードの後発として発売となったアオシマ製あきづき型です。成型色を複数使い色プラ化しており、無塗装でもそれなりに見れることを目的にしているようです。アオシマのブログか何かで、護衛艦の購買層は旧海軍艦艇の購買層より若干若い、という話を目にしたことがあるので、そうした若いビギナー層を狙っているのかもしれません。
ところが、実際に組んでみるとこれが非常に難しいキットで、特に上部構造物の箱組みは困難を極め、パテ埋め、プラ材追加などかなりの修正を行っています。パーツ同士のすり合わせも十分に確認しておかないとあとで泣きをみることになります。壁面のモールドを忠実に再現しようとしたため、無駄にパーツ数が増えてしまっているように感じられますが、これは若年層には厳しいものがあると思います。中高生時代のVANだったら絶対途中で投げ出してます。ピット製「あきづき」の組み立て難易度を"C"とするなら、アオシマ製は超"A"クラスです。(※個人の感想です。)
良いところもあります。上部構造物壁面は、モールドが甘く大味ではあるものの、かなり忠実に再現されています。錨鎖甲板のモールドもピットよりも立体的で実物に忠実です。チラリと見える短魚雷発射管や、自走式デコイは心憎い演出です。艦橋窓や発着艦指揮所のクリアパーツも個人的には気に入っています。地味に塗り分けの面倒なFCS-3レーダーを別パーツにしたのはとても助かります。専用エッチングパーツも多少の修正を必要としますが十分使えます。
総合的には「難易度は高いもののしっかり手を入れれば密度感のある作りごたえのあるキット」と言えると思います。


ということで年内の更新は今回が最後です。今年の完成品はたったの2隻…。やっぱりもっと作りたい…。
DSC_2980.jpg

個人的にはかなり色々な変化があった1年でした。来年も頑張ります。
今年も当ブログをご覧いただきありがとうございました。それでは皆様よいお年をお迎えください。

細部の艤装(4) [1/700DD116てるづき]

映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督のことなんですが、恥ずかしながら存じあげなくて、プレイステーション2のシューティングゲーム「エースコンバット04」のストーリーパートの脚本を書いた人であることを今更ながらに知って驚いています。あれ大好きなんですよ。戦災孤児の視点から語られる物語は今回の「この世界の…」に根底で繋がるものがあると思います。


「てるづき」はいよいよ大詰めです。

マスト部分にちょっとだけ張り線を行いました。信号旗索はクリーム色の伸ばしランナー、空中線はメタルリギング0.06号を使っています。両舷ウィングデッキに探照灯、双眼望遠鏡、従羅針儀を設置しました。
DSCN5009.jpg

マスト後方上部にクリアの伸ばしランナーで赤橙青の状況灯を付けました。
DSCN5011.jpg

ヘリコプター甲板の転落防止ネットに黄白赤の標識灯を伸ばしランナーを塗装して付けました。
それぞれ、フックアップ灯(黄)、正横灯(白に見えるが本当は緑)、前方限界灯(赤)で発着艦するヘリに自機の位置を知らせるためのものだそうです。
DSCN5014.jpg

アンテナを取り付けていきます。
アンテナロッドはエッチングと一部真鍮製のものが用意されていますが、統一感を出したいので、すべてエッチングにします。アオシマの純正エッチングには真鍮製のアンテナの代替パーツも含まれているようなので、それらしいものを引き当てて使います。
DSCN5018.jpg
DSCN5021.jpg

これはいい!と思ったのが、このN-AS-299空中線です。エッチングならではのパーツです。
ただし残念な部分もあって、艦橋下部に取り付けるには根元を切り取らないと使えません。
DSCN4991.jpg
DSCN8060.jpg
DSCN8133.jpg

艦番号、艦尾艦名、喫水標のデカールを貼りました。喫水標は「あきづき」のあまりなどを流用しています。右舷の艦番号が一部損傷してしまい、ツヤ消し白の塗料でタッチアップしました。
DSCN5024.jpg

あとは全体を見直して塗り残しがないかチェックして、エナメル塗料で全体をウォッシングします。
DSCN5026.jpg

次回、最終回です。
前の5件 | -
メッセージを送る